アパレル資材の情報がみつかる

暑さを和らげる生地について解説

ApparelX News編集部の鈴木です。

初夏も過ぎ、本格的な夏が近づいてきました。着ているお洋服によっては気温以上に暑く感じてしまうのではないでしょうか。
ベタつきにくい素材としてはリネン(麻)やコットン(綿)、レーヨンが挙げられますが、生地
の素材だけでなく、編み方、織り方の違いによっても着心地が違います。
隙間なくぎっちり編まれた生地よりざっくり編まれた生地の方が風通りがよく涼しいです。
暑さを和らげる夏向けの生地を紹介したいと思います。

鹿の子編み

鹿の子とはニット生地の一種で平編みとタック編みを組み合わせることで凹凸ができる編み方をした生地です。
平編みと比較すると横方向への伸縮性が少ない特徴があります。
編み地の目が鹿の背の斑模様と似ているということで「鹿の子編み」と呼ばれるようになったと言われています。
凹凸があるおかげで肌に触れる面積が少ないので、通気性に優れていて汗をかいても蒸れず、サラッとドライな着用感を得られます。
夏物の定番素材で代表的なアイテムはポロシャツです。スポーツウエアや、クールビズのビジネスカジュアルコーディネートにも最適です。

シアサッカー

張った経糸と弛ませた経糸を交互に配置して織ったしじらが特徴の生地です。
弾力の異なる2種類の経糸を使い、収縮度の違いによって縮みじわを作る「しじら織り」の1種です。
略してサッカーと呼ばれます。現在では化学処理で生地を織り上げることもあります。
生地に凹凸があるので肌に触れる面積が少なく、熱気がこもりにくいので清涼感を得られます。
もともとシワがある素材なので、洗濯後にアイロンをかけなくても着られるイージーケアな生地です。
夏に欠かせない素材で、薄手で軽くサラリとした感触なので夏のパジャマや甚平や浴衣に使われています。最近ではカジュアルなジャケットやシャツも増えてきています。
サッカーに似ていて、同じような用途に使われるリップルという生地があります。サッカーは糸の収縮率を活かして凹凸を作った生地ですが、リップルはアルカリ性溶液を使って凹凸を出す「リップル加工」を施した生地です。

シャンブレー

霜降り上のムラが特徴の生地です。染めた糸と染めていない糸を組み合わせた先染め生地の一種です。
デニム生地と似た雰囲気の生地で、霜降り生地というとデニム生地をイメージする方が多いかと思います。
デニムもシャンブレーも縦糸に色糸、横糸に白糸を使います。糸の使い方が同じなので見た目は似たような生地ですが、織り方が異なります。
デニム生地は「綾織り」ですが、シャンブレーは「平織り」で織られています。平織りなので一般的にはデニムより薄くて軽い生地に仕上がるのが特徴です。
デニムに比べて軽くて通気性があるのでトップスに向いています。薄地の割には丈夫でお手入れも簡単なので、老若男女、シャンブレーのシャツは定番アイテムではないでしょうか。

ワッフル生地

マス目上の凹凸がある織り物です。
見た目そのままですが、お菓子のワッフルから名付けられているのでしょう。
日本では、蜂の巣に似ていることから「蜂巣織り」とも呼ばれるそうです。
凹凸があるので肌の接着面が少なく、糸と糸との間に空間がある構造なので、吸水性、放湿性が高いため、通気性がよいので、春、夏でも快適に使うことができます。タオルやシーツやTシャツに使われます。
私もワッフル生地のTシャツを愛用していますが、暑くなりにくく快適です。

まとめ

織り方によって着心地が全然違うので、暑い夏を少しでも快適に過ごせるよう、今回紹介したようなサラッとした着用感の生地を使ったお洋服を選んでみてはいかがでしょうか。

アパレル資材をお探しならアパレル資材BtoBサイトApparelXへ!

生地をお探しの方はApparelX生地のページへ!
大ロットでのご注文をご検討している、又は法人担当からの連絡をご希望されるお客様はオークラ商事問い合わせページまで!