アパレル資材の情報がみつかる

もう迷わない!バイアステープの種類と選び方とは?加工形態ごとに使い方が異なります。

ApparelX編集部のmammyです。

洋服作りには欠かせないバイアステープですが、かなり種類や加工形態、幅などがあるのはご存知ですか?素材や加工形態を選び間違えるとうまく縫えなかったり、見栄えが変わってしまいます。

今回はそんなバイアステープの種類や発注方法についてご紹介したいと思います。

バイアステープとは?

生地を斜め45度にカットしてテープ状にしたものがバイアステープです。

斜めに生地を取る事で伸びない生地でも伸縮性が生まれて、カーブのある襟ぐりの縁取りや見返しの処理、アームホールなどにも縫い付け易くなっています。

45度でカットする理由としては、まず前提として生地は布目があり縦には伸びにくく横には伸び易くなっています。

その特性を利用して生地を斜めに裁断する事で伸縮が自在になるんです。(斜め45度を正バイアスと呼び、生地で最も伸縮があるのが正バイアスです。)

発注はどの様にするのか

手芸店などですと、家庭用と呼ばれるパックに入った商品が販売されています。

そこまで量は使わない、サンプルで必要…などの場合は家庭用でも良いかもしれませんね。

家庭用バイアステープ

量産で沢山使いたい場合は生地から加工形態、幅などを指定して受注生産のような形で手配する事が可能です。

メーカーで在庫をしている生地であれば、注文数量にもよりますが、大体1週間程で手配が出来ます。

また既存のものではなく、洋服に使う裏地と合わせたいと言う場合は裏地からバイアステープ加工をして作る事も出来ます。
その場合、バイアステープの加工の機械の関係から使用する生地は3m以上からとなります。

ただ、加工形態によって折り目がつきにくい素材などですと生地の種類によってはバイアステープが作れない場合もあるので予め確認するのが良いかと思います。

バイアステープの種類について

〜素材〜

既存のバイアステープのラインナップは大きく分けると布帛と合成皮革に分けられます。今回はアサヒバイアス(渡邉布帛工業)のバイアステープをご紹介して行きたいと思います。

テトロンバイアス

テトロンバイアス
テトロンバイアステープ
テトロンバイアス

テトロンとはポリエステル繊維の一種です。

東レ(株)帝人(株) が日本にポリエステル糸を導入した時に 共同でブランド名を作ろうとしてテイジンとトウレの頭文字を1つずつとって ナイロンをもじってつけたと言われています。

このテトロンバイアスはポリエステル65%,綿35%で薄手ながらも程よいハリ感があり、異素材に馴染み易くバイアステープの定番商品と言えます。
色数も多く生地に合わせやすいラインナップとなっています。

デシンバイアス

デシンバイアス(フラット) デシンバイアス(フラット)[リボン・テープ・コード] アサヒバイアス(渡邉布帛工業)
デシンバイアステープ
デシンバイアス

デシンとは平織りで横糸に強い撚りをかけた糸で織った生地の事で、光沢感と独特のシボがあり、肌触りが柔らかで良いという特徴があります。
このデシンバイアスは旭化成のベンベルグ*(キュプラ)を使用しています。
薄手で柔らかな生地のバイアステープに使用するのがおすすめです。

ベンベルグ*:綿糸として使用されないコットンの種の周りのうぶ毛、コットンリンターを原料とする再生繊維です。


ファミリーコットンバイアス

ファミリーコットンバイアス(フラット) ファミリーコットンバイアス(フラットバイアス)[リボン・テープ・コード] アサヒバイアス(渡邉布帛工業)
ファミリーコットンバイアス
ファミリーコットン

ファミリーコットンはタテ糸とヨコ糸が同じ本数で織られている柔らかいコットン生地です。元々はパッチワークキルト用に開発された商品です。その為、手縫いで行うパッチワーク向けに針通りの良さと丈夫さを兼ね備えたバイアステープです。
先にご紹介したテトロンバイアスよりも綿 100%なので柔らかい風合いです。

ポリエステルサテンバイアス

T900ポリサテンバイアス(両折) ポリエステルサテンバイアス(両折)[リボン・テープ・コード] アサヒバイアス(渡邉布帛工業)
ポリエステルサテンバイアス
ポリエステルサテンバイアス

ポリエステル100%のサテンバイアスは上品な光沢感・ソフトでツルっとした滑らかな風合いが特徴です。帯電防止加工もされており、衣料はもちろん、衣装などにもおすすめです。

メイフェアテープ

メイフェア(両折) メイフェア テープ(両折テープ)[リボン・テープ・コード] アサヒバイアス(渡邉布帛工業)
メイフェアテープ
メイフェア

メイフェアは適度なハリコシとふっくらとしたウォーム感を有した最高級合成皮革です。とてもソフトで手触りも滑らかなメイフェアはまさにテープにぴったりです。バイアステープの他に芯入りループなどは小さいバッグのテープなどにもお使い頂けます。

〜加工形態〜

バイアステープは自由に加工方法や幅などを指定する事が出来ます。
最もポピュラーなのが「フラットバイアス」です。
生地をバイアスに指定の幅にただカットしたものになります。

バイアステープの幅についてどこからどこまでのサイズかという質問を受けたりもしますが、加工後のテープの端から端までの幅になります。
フラットバイアステープはミシンに専用のアタッチメントをつけて縫い代にテープを巻き込んで縫い付けて行きます。

次にポピュラーなのが「両折れバイアス」です。テープの両端を中心に向かって折り返してあるので、これを二つ折にして被せて縫う事が出来ます。
上の写真だと12mmで両折れの状態なので、被せて縫い付けた場合は6mmの仕上がりになります。

その他の加工方法
中に芯が入ったパイピングもあります

乱巻について

バイアステープの1反は〜m乱と表記がありますが、これは〜m前後の上がりになるという事です。生地から加工をするので、加工形態にもよって出来上がる数量に増減が発生します。

まとめ

バイアステープは素材や加工形態・幅などの組み合わせで様々な種類があります。どの様な上がりにしたいかで手配するテープの種類も変わってくるかと思います。

今回ご紹介したバイアステープはアパレル資材BtoBサイトApparelXで販売中です!家庭用から量産向けのものまで扱っています。

アパレル資材をお探しならアパレル資材BtoBサイトApparelXへ!

大ロットでのご注文をご検討している、又は法人担当からの連絡をご希望されるお客様はオークラ商事問い合わせページまで!